玩具福祉学会は、玩具を用いて行う福祉活動の実践及び研究を通して、現代の福祉がめざす生活の質の向上と共に生きる社会づくりに努め、福祉活動の拡充を図ることを目的としています。
玩具福祉学会

  • トップ
  • 玩具福祉学会について
  • ニュース
  • 活動内容
  • 玩具療法士
  • 学会賞
  • 推奨玩具
  • リンク

トップページニュース


2015年02月11日  今日も寒いです。

  こどもの城を使い玩具福祉学会は、推進して来ました。しかし、残念なことに
    2015年2月でこどもエリアは閉館です。2月いつぱい研修室は使えるので、
     「在宅ケア診療所全国ネツトワーク」の主催で2月21日の土曜日の午後
      大橋謙策先生を中心に講演会・シンポジュームを致します、ぜひご参加
      下さい。これで「こどもの城」での会議は最後です。玩具福祉学会会員
      の方は無料です。

  嬉しいお知らせです、2015年の玩具福祉学会の大会は、2015年7月5日(日曜日)です。
  会場は六本木の『国際文化会館』です。素晴らしい場所がお借り出来ました。
  その前に4月2日(木曜日)6時―8時で、在京理事会を開催致します、お庭も美しい
  場所です。もうすぐ桜も咲くでしょう、また正式なお知らせは後日にしますが
  まずは、お知らせまで。今度の大会は設立15周年の記念大会です。




2015年01月29日  今日は感謝状を受理しました

  

昨年末に台東区の福祉大会がありました。
  此の時は仙台でセミナーをしていたので出席出来ませんでした。
   今日定例会があり、賞状を頂きました。「玩具福祉学会」は台東区の
    高齢者の支援を長年続けて来ました。台東区は玩具メーカーのメツカです。
     台東区は高齢者率が高いのです。多くの事を学びました。この台東区から
      「玩具療法」を発信して、多くの高齢者の笑顔が広がります様に!!!




2015年01月23日  お正月気分を抜けて今年も頑張りましょう

玩具福祉学会では、アジアの子供の支援をして居ます。
  理事の高橋さんと二人の玩具療法士の方々と、2月にスリランカを訪問します。
    言葉が通じなくても遊んでくれた玩具はブロックと、手作りの魚釣りゲームです
     今回もその玩具を持参します。写真の魚釣りゲームは、聖徳大学の学生さんが      被災地の幼稚園の為に作りました。




2015年01月23日  1月11日―12日で奈良県に行きました

玩具療法士の方と高齢者の施設で、ロールプレイを実践して欲しいと言うことでした。    ロールプレイを初めてすぐに賑やかに盛り上がりました。楽しいゲームで
      1時間ほど皆で遊びました。今年も、多くの高齢者の方々が
             楽しい時間をお過ごしになれますように祈ります。




2014年12月31日  2015年も頑張りましょう

おめでとうございます。
 今年は玩具福祉学会のさらなる発展を祈ります。
       皆様も良い1年で有ります様に、お祈り致します。




2014年12月29日  今年も頑張りました、最後に良い写真を紹介します

玩具福祉学会は、東北の被災地を支援し続けています。
郡山・小名浜・合津若松。八戸等です、沢山の「もこもこ」
さんの製作した玩具をお送りしました。
            子供達の笑顔は素晴らしいです。




2014年12月11日  今年も是非玩具賞に申請して下さい

玩具福祉学会では、昨年から「玩具賞」の選定をして表彰して居ます。
是非2回目の申請をして下さい。
           御待ちいたします!!




2014年12月11日  玩具賞を理事の東北大学吉田先生より授与

記念写真を撮りました。2人の受賞者の方がお出でになれず残念でした。
  今年はもう、何件か来ています。 皆様の申請を御待ち致します。
  (申請書は昨年のをコピーして下さい)




2014年11月05日  無事に盛会のうちに「玩具療法士養成せみなー」は終了しました。

   本当に2日間、お疲かれ様でした!!
   御別れが辛く、2日間で仲良くりました、不思議な会でした。
   

   学んだことを地域に御帰りになり、是非実践して下さい。
   また来年大会でお会いしましょう!!
   講師の先生も参加者も、とても暖かい雰囲気で終了しました。
   不思議なセミナーです。フェイスブックに皆様がどんどん写真
   入れてくれました。御覧ください。




2014年10月18日  玩具療法士養成セミナーの件

11月1日―2日に「玩具療法士養成セミナー」が青山の子供の城の
8階の研修室で開催されます。

 皆様のご参加を御待ち致します、講師はそれぞれ、現場で御働きのドクター・
 長年障害児と関わられた先生・現場で高齢者の施設で御活躍の先生方です。
 「玩具」を使うことで、こんなにも不思議の笑顔が見られます。その実践を
 ご一緒に学びましょう。  心からご参加を御待ち致します。
  
 申込方法は、FAXをして頂くだけです、FAXを頂いたら此方から
 御手紙など差し上げます。



最初へ | 前へ | 次へ | 次5ページへ | 最後へ