玩具福祉学会は、玩具を用いて行う福祉活動の実践及び研究を通して、現代の福祉がめざす生活の質の向上と共に生きる社会づくりに努め、福祉活動の拡充を図ることを目的としています。
玩具福祉学会

  • トップ
  • 玩具福祉学会について
  • ニュース
  • 活動内容
  • 玩具療法士
  • 学会賞
  • 推奨玩具
  • リンク

トップページニュース


2017年04月03日  『玩具福祉研究』第15号についてお詫びと修正

                                      2017年4月2日
各位
          『玩具福祉研究』第15号についてお詫びと修正

                                 『玩具福祉研究』編集委員長
                                         小林るつこ

拝啓 桜花が薫る季節となりました。皆様方には、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
日頃は、『玩具福祉研究』の購読、論文投稿、編纂作業等にご尽力いただき、ありがとうございます。
このたび発刊いたしました『玩具福祉研究』第15号の件で、正式ではない内容や種々の誤植があるなかで、
お送りすることになってしまいました。これは編集業務過程においての責務であります。
講演者、執筆者はじめ関係される皆様方には、不快な思いと共に不信感をおもちになられたことと存じます。
編集委員会では、このたびの問題点と課題を追及するとともに、今後このようなことのないように、
防止策を検討し、編集・確認作業をしていきたいと考えています。
この件に関して、掲載いたしました講演内容や投稿者の方々には、わたくしどもの編集・点検の過程での
不手際についてお詫びを申し上げますとともに、対応策と正誤の一覧を示しました。ご高覧ください。
なお今回のことにつきましては、HP 並びにNews letter においても告知をさせて頂きます。

                                            敬具



『玩具福祉研究』第15号修正内容について
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
1.吉田浩氏記念講演記録(pp.1-10)について
編集委員会が、講演者の校閲なく文字化して収録したものです。したがいまして内容に誤謬や誤植等が
混在しております。吉田浩氏には、後に発刊する号にて、正規の講演内容を文書化し記載していただく予定で
ございます。講演者の吉田浩氏には、大変ご迷惑をおかけいたしました。ここにお詫びもうしあげます。

2. 加藤康氏「コミュニケーション促進という側面でとらえる『日本地図パズル』-
「2016年度玩具福祉学会・学会賞」受賞の検証−」(pp.21−26)について加藤氏が論文を入稿された時には
正しい表記でありましたものが、編集過程において、執筆者所属名の誤記と文字の脱落を生させてしまいました。
論文執筆者の加藤康氏はじめ関係企業の方々には、大変ご迷惑をおかけいたしました。ここにお詫びもうしあげます。

23ページ所属名の誤記株式会社 くもん出版株式会社 公文教育研究会
23ページ左の段の下から6行目
※「 彙字
玩具にかかわるこどもの遊び(学び)について
ヾ恭弌蘖親阿△修
¬亙鑞靴
9柔遊び・・・
玩具にかかわるこどもの遊び(学び)について
感覚−運動あそび
¬亙鑞靴
9柔遊び・・・

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
                                         以上です。