玩具福祉学会は、玩具を用いて行う福祉活動の実践及び研究を通して、現代の福祉がめざす生活の質の向上と共に生きる社会づくりに努め、福祉活動の拡充を図ることを目的としています。
玩具福祉学会

  • トップ
  • 玩具福祉学会について
  • ニュース
  • 活動内容
  • 玩具療法士
  • 学会賞
  • 推奨玩具
  • リンク

トップページ>学会について>紀要について


当会発行の「紀要」について

玩具福祉学会は、年1回の紀要「玩具福祉研究」を発行しています。


現在9号まで発行済みです。1号、8号はすでに完売されましたが、他は残部があります。
「玩具」について深く研究したい方、子どもや高齢者について学んでいる学生の方々のために、
紀要の内容のタイトルを記載しましたのでご覧下さい。
尚、入手したい方は FAXでお申込下さい。1冊1000円+送料です。

第8号 2011年3月

巻頭言
浅野 史郎
遊び心を忘れずに
記念講演
記録
阿部 志郎
福祉の実践は暖かい心で
原著論文
松坂 たかよし
昔あそびの「独楽(こま)回し」は高齢者福祉に貢献できるか
〜認知症高齢者の改善・進行抑制に役立つ「独楽回しごっこ」〜
玩具企業
特別レポート
遠藤 洸一
ピクチュアパズルの歴史
伊吹 文昭
日本のおもちゃ業界、戦後トピック56
〜おもちゃ業界はどのように発展してきたか?〜
佐藤 豊彦
日本玩具文化財団の活動のご案内
渡辺 善男
おもちゃのパッケージからの皆さまへのメッセージ
望月 和人
野球盤の歴史
株式会社セガトイズホビー部
PETロボットの開発について
関口真木子
玩具の開発
〜”愛犬てつ”のできるまで〜
植竹 俊夫
ダイヤブロック50周年
澤畑 英雄
キャラクターマーチャンダイジングについて

第8号 2010年3月

提言
浅野 史郎
玩具福祉学会の10周年、まことにおめでとうございます
記念講演
記録
細谷 亮太
いつもいいことさがし
原著論文
西本 望
玩具とのかかわりについて
〜玩具の選択・購入者との意識〜
研究報告
井上 健
高齢者の行動と心理:認知症について
小林るつ子
玩具の力
出口貴美子
第2回 こどものヘルスサイエンスセミナーの報告
加藤 康
幼児向け玩具が高齢者福祉に貢献するとき
〜認知症高齢者の改善・進行抑制に役立つ「磁石すうじ盤」〜
海外
レポート
渡辺 勧持
おもちゃと自然 〜インドの旅で考えたこと〜
神谷 明宏
教育玩具の源流を訪ねて 〜フレーベル幼稚園と恩物〜
実践
レポート
中原 順子
ウエルビーイングの実現と環境
〜小児歯科診療という視点から〜
金箱 淳一
ラビットプロトタイピングによる電子玩具作成の実践報告
第1回玩具療法士教育講座における優秀レポートの紹介
田中 一秀
裂脳症における上肢動作の獲得に向けた玩具両方
〜両手指の分離運動を促す課題の設定について〜
渡辺 志保
〜A・実践報告〜

第7号 2009年3月

巻頭言
津田 博
「玩具と福祉」
特別記念
講演
高須 武男
「玩具業界が玩具福祉学会に期待すること」
講演記録
西田 佳史
「『子どもサイエンスセミナー』長崎県大村市において <安心・安全技術のための日常生活情報科学〜日常の障害を理解し、制御する障害予防工学>」
出口 貴美子
「子どもの脳の発達と傷害(事故)の関係」
研究報告
小松 敬典
「『障がい児の教育の現場における玩具の効果』障がいの重い子どもの玩具遊びを支援する視点」
谷本 式慶
「障がいの重い方の力を引き出す玩具」
外山 世志之
「肢体不自由児の遊びや学習にコンピューターを活用する」
禿  嘉人
「特別支援学校で使われる玩具について」
金森 克浩
「肢体不自由教育における玩具の役割」
実践報告
苛原 実
「玩具療法に関するケースレポート」
海外実践レポート
福井 逸子
「タイ山岳民族の子ども達の中にみられる遊び」
実践レポート
原 泰子
「玩具の威力―世代・障がいを越えて―」
鈴木 克子
「ひとつ、ひとつ、ていねいに」
大西 美奈
「夢を育てるお人形 夢と思い出をいつまでも…」
海外報告
吉田 浩
「北欧における子育て政策および玩具に関する報告『いかに子供が大切にされているか』」 

第6号 2008年3月

巻頭言
藤井 あけみ
「おもちゃは大切なパートナー」
特別記念
講演
黒岩 卓夫
「命の大切さと尊厳をいかに守るか」
提言
辰巳 敦子
「玩具業界の現状と課題」
原著論文
吉田 浩
「少子・高齢化の進行と玩具市場との関連」
苛原 実
「オーストラリアADI参加報告記」
伊吹 文昭
「日本の玩具の安全性を確保するための柱になっている『ST制度』について」
魚本 陽子・中山 芳子
「手作り布おもちゃの製作と実践 partU」
宇田川 光雄
「遊びの原点」
鈴木 由美子
「障害と病気を与えられて」
小林 るつ子・石河 不砂
「英国プレイバスの実践に学ぶ」
海外事情
高橋 敏夫
「スリランカ大使館とマックロー・スリランカ支援隊のえにし」

第5号 2007年3月

巻頭言
田中 耕太郎
「急がれるソーシャルワーカーの養成と権利擁護システム」
特別提言
阿部 正俊
「遊ぶ心を人生の縦糸に」
提言
浅野 史郎
「おもちゃは、世の中を変える」
原著論文
出口 貴美子
「こどもの脳の発達と玩具」
西本 望
「玩具についての印象―障害者(児)による玩具使用状況調査について」
石河 不砂
「乳幼児玩具にみる玩具企業の研究と開発」
実践報告
和泉屋 亮
「ビリヤードの効果について」
川上 清志
「年表を基に玩具の選択をする実践報告」
都築 惠美
「入院児にも遊びを〜遊びボランティア『ピンクのうさぎ』の歩み〜」
尾崎 公彦・尾崎 治門・間庭 潤
「笑顔創造!矢印ゲーム企画制作研究レポート」
福井 逸子
「保育と玩具―乳児保育における玩具製作過程を通して」
海外事情
高岡 和代
「カンボジア訪問記録」
神谷 明宏
「ボランティア活動の新しい視点」

第4号 2006年3月

巻頭言
阿部 志郎
「新しい文化の創造を!」
特別提言
吉武 民樹
「我が国の社会保障と知的障害者福祉のこれから」
提言
石井 哲夫
「『玩具福祉学会第5回大会記念講演』」
原著論文
吉田 浩
「玩具に対する支出が父親の育児時間に及ぼす影響に関する実証分析」
実践研究
脇山 祐介・濱田 保洋・長谷川傑
「海・川・水のおもちゃに関する研究」
小林るつ子
「高齢者の介護予防と玩具についての一考察」
実践報告
浅沼 チカ
「教育と玩具の視点」
小松 敬典
「障がいの重い子どもが玩具で遊ぶ工夫」
神田 美子
「風そよぐ病院に」
高橋 敏夫・高橋久美子
「スリランカのNGOの活動10周年を迎えて」
研究レポート
田中 一秀
「気づきを気づく」

第3号 2004年8月

巻頭言
河 幹夫
「生活から考える福祉―玩具福祉学会への期待」
原著論文
西本 望
「喪失と移行対象―心の転換と適応の過程」
吉田 浩
「プレイ・ケア・プログラムの効果の定量的評価に関する研究―プレイ・ケアへの資源配分とストレス緩和効果に関する実証分析」
海外福祉
情報
高橋敏夫・高橋久美子
「スリランカの子どもたちとおもちゃの関わり」
実践報告
吉村 留美
「たくさんのおもちゃに囲まれて」
木村 公久
「障害児の発達成長を支援する木製遊具の開発」
山田 悟司
「いくつになっても楽しい玩具」
酒井 康寛
「ベビー用品メーカーとしての物作りについて」
研究ノート
比嘉 佑典
「遊びと玩具の創造的治癒力の研究」
資料
小野木章光
「おもちゃの特徴と安全性について―(社)日本玩具協会『玩具安全基準書ST-2002』より」

第2号 2003年7月

玩具福祉学会設立趣旨
巻頭言
中嶋 充洋
「玩具のもつ福祉の力」
原著論文
渡辺 勧持
「特別なニーズのある子ども(障害のある子ども)と遊び・遊具」
実践研究
金森 三枝
「小児病棟における遊びのボランティア活動」
福島 勇
「重度運動障害児がオモチャで遊ぶための工夫」
海外福祉
情報
中澤 健・Joanne Tan・Khor Ai Na・Terri Faust・内海明美
「マレーシアにおける『移動おもちゃ図書館』の取り組み」
後藤眞千子
「英国の病院における遊びと玩具―ホスピタル・プレイ・スペシャリストとその役割」
提言
伊吹 文昭
「明治時代はより良いおもちゃづくりに官・民・学がー体となった―おもちゃ業界にとっても期待が大きい玩具福祉学会の活動」
川崎 陽一
「プレイケア・マネージャーの必要性とその役割」
資料
植竹 俊夫
「玩具メーカーとして高齢者福祉に貢献できること」
望月 和人
「体感ゲームで夢の実現―『わたしだってホームランを打ちたい』」
堀田 由美
「重症心身障害児の息子と玩具」

創刊号 第1号 2002年6月

巻頭言
林 邦夫
「創刊にあたって」
原著論文
林 邦夫
「発達障害児の認知を育てる玩具」
小林るつ子
「玩具と福祉の考察」
西方 毅
「テレビゲームの研究」
伊藤 野里子・谷田貝 公昭・林 邦夫・村越 晃・金 宰完・李 相坤
「玩具に関する研究の内容分析」
実践研究
石河 不砂・榑林 行雄・佐々木 靖浩
「地域における玩具による高齢者支援」
中山 芳子・魚本 陽子・野口 光世
「手作り布おもちゃの製作と実践」
多田 千尋
「高齢者の遊びケアとおもちゃ」
実践報告
坂上 和子
「病気の子どもの癒しを助けるおもちゃ」
提言
林 康史
「玩具企業における社会福祉への参加」
川崎 陽一
「プレイ・ケア・マネージャーの必要性」
資料
望月 和人
「知的障害者の悪性リンパ腫の記録とハイテクねこちゃん」